60話 ぇ!?

おはようございます。


たった今、多分私は、ムカデにかまれました。


↓↓↓↓↓詳細はこちら↓↓↓↓↓

おきると覚えた事のない痛み。

もんだりしても直らない。

また寝ようにも、痛みで目が覚める

体を起こす。

小さなムカデ発見。同時に脳内、「犯人はこいつだぁぁ!!」


(ノ`□´)ノ⌒┻━┻ §

(Ο・ω・)=Ο      ~~~~ §

(´ー`)┌§ ガムテでペタ      <YOU WIN!!> 


5分ほど格闘し撃退。

ネットで「ムカデに噛まれたら」をよんで処置法検索。

結果、




「そしてまず傷口から毒液を搾り出すイメージで圧迫をかけ、同時に口を当てて吸います。傷口は微小なのでその効果はわずかですがやらないよりは良いです。毒の拡散を減らすため傷口周辺を氷や冷シップ、あるいは水などで冷やし、あれば抗ヒスタミン剤、ステロイド剤の入った軟膏など(たとえばムヒ、オイラックスH軟膏、セロナ、レスタミン軟膏など)を塗ります。それらのことを速攻でやりましょう。とはいえできるだけ安静を保つほうがいいです。
 慌てたりパニックになってはいけません。まあ、遠い過去の初恋の記憶でも思い起こしながら朗らかな気持ちで病院に行くのが吉です(笑)。とにかく医師に診てもったほうが良いです。とくに、動悸や悪寒、めまい、吐き気、頭痛などを感じた場合はショックのおそれがあるので救急車を呼んででも行きましょう。救急車なんて滅多に乗れるものではないので良い経験です(笑)。
 ムカデの毒そのものは、ハブの毒などと違い、それだけで人を死なせるような毒性はありませんが、こわいのはその中の成分によってアナフィラキシー・ショックというショック症状がごく希に引き起こされることです。とくにムカデに噛まれるのが2度目以上のひとはショックを起こしやすいとされています。これはスズメバチも同じです。
 ですから痛いのをガマンして薬を塗って済ませるのではなく、とにかく医師へいく。特にショックがなければ、炎症止めと痛み止めをもらって帰ってくればいいので「こんなことくらいで病院に行くのは恥ずかしい」などと思わず、行きましょう。
 よく「ろうそくの蝋を患部に落としたらすぐ治った」とか「ムカデを漬け込んだ胡麻油が良い」とか「玉ねぎの汁が効く」とか「小便をかける」とかいろいろと民間療法が伝わっていますが基本的には薬理学的な根拠はありません。とくにショック症状に対しては無力です。」

ぇ。



薬など何もなく、痛みを覚えてすぐに揉みまくってしまった。

毒を体に行き渡らせたのは、私なんですね^^;

学校の保険室みたいなのが空くの待つしかないかな。

ショックとかヤバs・・・。

とりあえず放置しか・・。

でも一応時代劇の人のように、酒を口から噴射して・・・。

何もないよかいいよね・・・。

でもそんなのすると、逆効果かもしれん・・・。

無力です。無力です無力です。無力です。無力です。無力です。無力です。無力です。無力です。無力です。無力です無力です。無力です。無力です。無力です。無力です。無力です。無力です。無力です。無力です無力です。無力です。無力です。無力です。無力です。無力です・・・・・・・・・・・・・・・


うがあぁ、ジョジョかy!!!!!!!


不安でいっぱいな、朝です。
[PR]
by watipikannte | 2005-09-29 08:03 | コラム
<< 61話 ゲット! 59話 矛盾の話 >>